伊賀司

イガツカサ 。京都大学東南アジア地域研究研究所連携講師 2011年3月神戸大学国際協力研究科博士課程修了、博士号(政治学)取得。専門は政治社会学および、東南アジア地域研究。最近の主な著作に、「活性化した社会運動と市民社会の変貌―ブルシ運動による街頭デモの日常化」中村正志・熊谷聡編『ポスト・マハティール時代のマレーシア:政治と経済はどう変わったか』アジア経済研究所(2018年、173-212頁)、「現代マレーシアにおける『セクシュアリティ・ポリティクス』の誕生―1980年代以降の国家とLGBT運動」『アジア・アフリカ地域研究』第17-1号(2017年、73-102頁)、「マレーシアにおけるメディア統制と与党UMNOの起源―脱植民地期のマレー語ジャーナリズムと政治権力」『東南アジア研究』55巻1号(2017年、39-70頁)、などがある。

松本弘

マツモトヒロシ。 大東文化大学国際関係学部教授。英マンチェスター大学文学部中東学科博士課程修了(Ph.D.取得)。在イエメン日本大使館専門調査員、日本国際問題研究所主任研究員などを経て現職。主要著書:『ムハンマド・アブドゥフ―イスラームの改革者―』山川出版社、2016年。『アラブ諸国の民主化―2011年政変の課題―』山川出版社、2015年。(編著)『現代アラブを知るための56章』明石書店、2013年。『中東・イスラーム諸国 民主化ハンドブック』明石書店、2011年。(共著)酒井啓子編『途上国における軍・政治権力・市民社会―21世紀の「新しい」政軍関係―』晃洋書房、2016年。長谷川雄一・金子芳樹編『現代の国際政治 第3版―ポスト冷戦と9.11後の世界への視座―』ミネルヴァ書房、2014年。酒井啓子編『中東政治学』有斐閣、2012年。