伊賀司

イガツカサ 。京都大学東南アジア地域研究研究所連携講師 2011年3月神戸大学国際協力研究科博士課程修了、博士号(政治学)取得。専門は政治社会学および、東南アジア地域研究。最近の主な著作に、「活性化した社会運動と市民社会の変貌―ブルシ運動による街頭デモの日常化」中村正志・熊谷聡編『ポスト・マハティール時代のマレーシア:政治と経済はどう変わったか』アジア経済研究所(2018年、173-212頁)、「現代マレーシアにおける『セクシュアリティ・ポリティクス』の誕生―1980年代以降の国家とLGBT運動」『アジア・アフリカ地域研究』第17-1号(2017年、73-102頁)、「マレーシアにおけるメディア統制と与党UMNOの起源―脱植民地期のマレー語ジャーナリズムと政治権力」『東南アジア研究』55巻1号(2017年、39-70頁)、などがある。

澤江史子

サワエフミコ。 上智大学総合グローバル学部教授。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学(社会学博士)。東北大学大学院国際文化研究科准教授などを経て現職。専門は現代トルコを対象地域とする政教関係論や政治社会学。最近の著書・論文: 山口昭彦編『クルド人を知るための55章』明石書店、2019年。「2019年3月31日統一地方選挙に向かうトルコ」『中東協力センターニュース』No.3、2019年。池澤優編『政治化する宗教、宗教化する政治』岩波書店、2018年。納家正嗣。永野隆行編『帝国の遺産と現代国際関係』勁草書房、2017年。”The Condition of the Post-Kemalist Public Sphere in Turkey,” Sophia Journal of Asian, African, and Middle Eastern Studies, No.35, 2017. 「エルドアン政権「強権化」の構図」『外交』No.39, 2016。「ポスト世俗主義とポスト・イスラーム主義の時代のトルコ」『現代宗教』2016.唐亮・松里公孝編『ユーラシア地域大国の統治モデル』ミネルヴァ書房、2013年。

松本弘

マツモトヒロシ。 大東文化大学国際関係学部教授。英マンチェスター大学文学部中東学科博士課程修了(Ph.D.取得)。在イエメン日本大使館専門調査員、日本国際問題研究所主任研究員などを経て現職。主要著書:『ムハンマド・アブドゥフ―イスラームの改革者―』山川出版社、2016年。『アラブ諸国の民主化―2011年政変の課題―』山川出版社、2015年。(編著)『現代アラブを知るための56章』明石書店、2013年。『中東・イスラーム諸国 民主化ハンドブック』明石書店、2011年。(共著)酒井啓子編『現代中東の宗派問題―政治対立の「宗派化」と「新冷戦」―』晃洋書房、2019年。酒井啓子編『途上国における軍・政治権力・市民社会―21世紀の「新しい」政軍関係―』晃洋書房、2016年。長谷川雄一・金子芳樹編『現代の国際政治 第3版―ポスト冷戦と9.11後の世界への視座―』ミネルヴァ書房、2014年。酒井啓子編『中東政治学』有斐閣、2012年。

吉岡明子

ヨシオカアキコ。日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究主幹。専門はイラク現代政治・経済、クルド問題など。最近の著作に、「対IS戦後のイラクの中東地域外交―錯綜する域内政治の影響とそれへの対応」『中東動向分析』Vol.18, No.2(日本エネルギー経済研究所中東研究センター、2019年)、「イラク・クルディスタンの2018年ダブル選挙」『中東協力センターニュース』(2018年11月)、「イラク-戦後統治の失敗から「イスラーム国」の台頭へ」後藤晃・長沢栄治編著『現代中東を読み解く アラブ革命後の政治秩序とイスラーム』(明石書店、2016年)、「イラク-統治体制を巡る迷路」松尾昌樹・岡野内正・吉川卓郎編著『中東の新たな秩序』(ミネルヴァ書房、2016年)、『「イスラーム国」の脅威とイラク』吉岡明子・山尾大編著(岩波書店、2014年)、『現代イラクを知るための65章』酒井啓子・吉岡明子・山尾大編著(明石書店、2013年)など。

中川恵

ナカガワケイ。羽衣国際大学現代社会学部教授。武蔵野大学国際総合研究所客員教授。ムハンマド五世大学特別客員教授。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。在チュニジア日本国大使館専門調査員などを経て現職。専門はモロッコを中心とした中東・北アフリカ地域研究、政治社会学。最近の著書・論文:「モロッコの過激派対策:長期的視点に立った宗教政策の試み」及び「鼎談 『中東混迷』を読み解く-トランプ、プーチン、ISと世界変動の構図」山内昌之編『中東とISの地政学』所収、朝日新聞出版、2017年。Le Guide des travaux du parlement marocain (1963-2011),Toyo Bunko,Tokyo, 2017. Morocco’s War on Terrorism : The case for security cooperation today(Co-Editor), Gilgamesh Publishing LTD., London, 2016. Livre gris du terrorisme:Au coeur de la coopération sécuritaire Maroc-Europe(Co-éditeur), Jean-Cyrille Godefroy Editions, Paris, 2015. 「ティンドゥフ・キャンプにおける権力:部族主義から権威主義へ」『難民キャンプの内幕―西サハラ紛争とティンドゥフ―』所収、日本評論社、2015年。松本弘編『現代アラブを知る56章』明石書店、2013年、など。

日下部尚徳

クサカベナオノリ。東京外国語大学講師。大妻女子大学専任講師等を経て現職。専門は南アジア地域研究、国際協力論、国際社会学、開発社会学。主要著書:『ロヒンギャ問題とは何か―難民になれない難民』(編著、明石書店、2019年)、『わたし8歳、職業、家事使用人。―世界の児童労働者1億5200万人の1人』(単著、合同出版、2018年)、「バングラデシュとイスラーム」(共著『アジアに生きるイスラーム』イースト・プレス、2018年)、『バングラデシュを知るための66章』(編著、明石書店、2017年)など。

見市建

ミイチケン。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。神戸大学大学院国際協力研究科博士課程修了、博士(政治学)。岩手県立大学総合政策学部准教授などを経て現職。専門はインドネシアを中心とした政治、イスラーム政治運動。著書に、『新興大国インドネシアの宗教市場と政治』(NTT出版、2014年)、"Southeast Asian Muslims in the Era of Globalization" (Omar Faroukとの共編、Palgrave Macmillan, 2014) など。近著に "Urban Sufi and politics in contemporary Indonesia: the role of dhikr associations in the anti-‘Ahok’ rallies," South East Asia Research, 27-3 (2019). "The Politics of Religious Pluralism in Indonesia: The Shi'a Response to the Sampang Incidents of 2011-12," TRaNS: Trans -Regional and -National Studies of Southeast Asia (Yuka Kayaneとの共著, 2019) などがある。

北澤義之

キタザワヨシユキ。京都産業大学 国際関係学部教授。東京外国語大学大学院地域研究研究科修了(国際学修士)。在ジョルダン日本国大使館専門調査員、中東調査会研究員などを経て現職。主要著書:北澤義之『アラブ連盟―ナショナリズムとイスラームの交錯―』山川出版社、2015年。共著:酒井啓子・臼杵陽編『イスラーム地域の国家とナショナリズム』東京大学出版会、2005年。吉川元・中村覚編『中東の予防外交』信山社 2012年。吉川元・首藤もと子・ 六鹿茂夫・ 望月康恵編『グローバル・ガヴァナンス論』法律文化社 2014年。私市正年・浜中新吾・横田貴之編『中東・イスラーム研究概説:政治学・経済学・社会学・地域研究のテーマと理論』明石書店 2017年。Fu-Lai Tony Yu, Diana S. Kwan eds., Contemporary Issues in International Political Economy,, Palgrave Macmillan,2019

小林周

コバヤシアマネ。日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究員。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科単位取得退学、博士号(政策・メディア)取得。専門はリビアを中心とした北アフリカの現代政治・エネルギー動向。慶應義塾大学研究員、JICA案件形成ミッション(リビア経済産業開発)、米国・戦略国際問題研究所などを経て現職。最近の著作に、落合雄彦編『アフリカ安全保障論入門(共著)』晃洋書房(2019年)、「『断片化』するリビア情勢と大統領・議会選挙」『中東研究』第533号(2018年)、山内昌之編『中東とISの地政学(共著)』朝日新聞出版(2017年)など。

千坂知世

チサカトモヨ。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程。日本学術振興会特別研究員(DC2)。笹川平和財団中東イスラム事業グループ研究員を経て現職。専門は現代イラン政治、権威主義体制下の選挙。著書に、「イランの選挙における立候補資格審査の役割―監督者評議会による「法学者の統治」の実践に着目してー」『イラン研究』16号、pp. 1-17、2020年。“The Supreme Leader’s Legitimacy Crises and Candidate Screening in Iran’s Post-Khomeini Parliamentary Elections.” 『国際公共政策研究』第26巻1号、2020年。「書評:Asef Bayat著、Revolution without Revolutionaries: Making Sense of the Arab Spring」、『中東研究』、中東調査会発行、532号、pp. 115-117、2018年など。

小副川琢

オソエガワタク。日本大学国際関係学部准教授。英セント・アンドリュース大学大学院国際関係学研究科博士課程修了(Ph.D.取得)。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所特任研究員、在シリア日本国大使館書記官、(一財)日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究主幹などを経て現職。専門は東地中海地域における国際関係。最近の著書・論文:Syria and Lebanon: International Relations and Diplomacy in the Middle East, London and New York: I.B.Tauris Publishers, 2013 (hardcover), 2015 (softcover). ‘Coping with Asad: Lebanese Prime Ministers’ Strategies’ (https://ojs.st-andrews.ac.uk/index.php/syria/index), Syria Studies, vol. 7, no. 2, 2015, pp. 66−81. 黒木英充編著『シリア・レバノンを知るための64章』明石書店、2013年、など。

小林綾子

コバヤシアヤコ。上智大学総合グローバル学部特任助教。一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了、博士(法学)。在スーダン日本国大使館専門調査員、内閣府国際平和協力研究員、ハーバード・ケネディ・スクール科学・国際問題ベルファー・センター研究員などを経て現職。専門は、国際政治学、紛争・平和研究、国際機構論。主な著作に、「アフリカの内戦における人道アクセス問題と反乱軍」『国際政治』第186号、2017年。「地球社会と人間の安全保障」大芝亮・滝田賢治・都留康子編『国際関係学:地球社会を理解するために』[第2版]有信堂、2017年。「国連平和維持活動局による組織学習体制の構築と実施 ――ブラヒミ報告から10年の考察」『国連研究』第11号、2010年。『ワークショップで学ぶ紛争解決と平和構築』(上杉勇司・仲本千津と共編著)明石書店、2010年、など。