概要: 千坂知世

名前:千坂知世
チサカトモヨ。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程。日本学術振興会特別研究員(DC2)。笹川平和財団中東イスラム事業グループ研究員を経て現職。専門は現代イラン政治、権威主義体制下の選挙。著書に、「イランの選挙における立候補資格審査の役割―監督者評議会による「法学者の統治」の実践に着目してー」『イラン研究』16号、pp. 1-17、2020年。“The Supreme Leader’s Legitimacy Crises and Candidate Screening in Iran’s Post-Khomeini Parliamentary Elections.” 『国際公共政策研究』第26巻1号、2020年。「書評:Asef Bayat著、Revolution without Revolutionaries: Making Sense of the Arab Spring」、『中東研究』、中東調査会発行、532号、pp. 115-117、2018年など。

千坂知世 の最近の投稿