中東の民主化と政治改革の展望

Home » 「中東・イスラーム諸国の民主化」データベース » 執筆者一覧 » 堀拔功二

堀拔功二

執筆記事

    記事はありません。

ホリヌキコウジ。(財)日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究員。

1982年、北海道生まれ。立命館大学国際関係学部卒業(2006年)。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程(2011年3月まで在籍予定)。専門はUAEを中心とする湾岸アラブ諸国の政治・社会動態の研究。

主要論文

  • 「アラブ首長国連邦における連邦体制と政治統合――建国期の政治危機とザーイド大統領の対応をめぐって――」『現代の中東』45号、2008年.
  • 「アラブ首長国連邦における国家変容と『国民』形成――国籍法と結婚基金政策を事例に」『日本中東学会年報』25(1)、2009年.
  • 「湾岸アラブ産油国における外国人労働者問題と国内政治の変容――アラブ首長国連邦を事例に」日本比較政治学会(編)『国際移動の比較政治学』日本比較政治学会年報第11号、ミネルヴァ書房、2009年.
  • 「湾岸諸国における国境と国家の存立構造――UAEの国境問題の展開を事例に――」『国際政治』162号、2010年.
  • "Administrative Reforms and Globalisation Strategy in Dubai: A Study of Double-Edged Development from 1990 to 2009", Annals of Japan Association for Middle East Studies 26(2), 2011.